Talking about the weather.☀️🌧


2月後半は春を思わせる日が数日続き、また少し気温は下がりましたが、3月28日には夏時間も始まりますので、季節の変わり目を感じる時期ではないでしょうか?そこで、今回はお天気に関する表現をご紹介します。


天気予報では使われても、会話内ではあまり耳にしない表現は省いています。


1. 日照時間


日照時間は、お天気には直接関係ないかもしれませんが、イギリスは季節によって日照時間がかなり違います。そして、季節によってお天気や気温もかわりますので、まずこれからご紹介します。


The summer/winter solstice /ˈsɒlstɪs/(夏/冬至)

The spring/autumn equinox /ˈiːkwɪnɒks/(春/秋分の日)


イギリスでは 夏至・冬至、春分・秋分の日という言葉は、あまり耳にしませんが、Facebookなどで「明日から日が長くなっていく!」などというコメントはよく見かけます。また、6月終わり頃に 「もう夏は終わった」という人がいるのは、これから日が短くなっていくと思っているからかもしれません。実際、平均気温が一番高いのは7月から8月ですし、Music festivalsなどの夏のイベントがあるのも6月末から9月はじめの間がほとんどです。


当たり前の事ですが、日照時間は冬至から the days get longerし、夏至からthe days get shorterになります。そして、春分・秋分の日には関係なく、British Summer Timeは、3月最後の日曜日午前1時から10月最後の日曜日午前1時までと決まっています。また、summer timeは、daylight saving timeとも呼ばれます。


2. 気温


すごく暑い:

It was very hot yesterday.

veryの代わりに使える単語:really, boiling, extremely, scorching, uncomfortably, etc.


(湿度が高くて)むしむしする:

It was humid yesterday.

humidの代わりに使える単語:muggy, sticky, sultryなど


暖かい:

It was quite warm yesterday.


すごく寒い:

It was very cold yesterday.

veryの代わりに使える単語:bitterly, freezing, icyなど


coldを使わずに以下のようにも言います:

It’s bitter / freezing / icy / frosty/ wintry / nippy / chilly.


「寒い」については1月に書いたブログ(It’s brass monkeys! 寒っ!)にも書きましたので、是非ご覧ください。


気温の変化:

It’s getting warmer/colder.

The temperature is rising.

The temperature is falling/dropping.

The temperature reached 35℃ yesterday.


3. お天気


いいお天気:

We had good weather yesterday.

goodの変わりに使える単語:beautiful, glorious, lovely, perfect, superb, excellent, etc.


悪いお天気:

We had bad weather yesterday.

badの代わりに使える単語:miserable, awful, terrible, nasty, appalling, rough, etc.


晴れ:

It was sunny yesterday.

It was glorious yesterday.


曇り:

It was cloudy yesterday.

cloudyの代わりに使える単語:grey, dull


雨・雪:

晴れや曇と違い、雨や雪は降るという動きがある(動詞)なので、いろいろなパターンがあります。


Rain:動詞(雪の場合はsnow)

It rained yesterday. (過去形:昨日降った)

It was raining when I got up. (過去進行形:朝起きた時降っていた)

It’s raining. (現在進行形:今降っている)

It’s been raining all day. (現在完了進行形:今日一日中雨)

It’s rained a lot today. (現在完了形:今日いっぱい雨が降った)

It rains a lot in winter. (現在形:冬に沢山雨が降る)


Rainy:形容詞(雪の場合はsnowy)

It’s rainy today.

We had a rainy day yesterday.

I don’t like rainy weather.


wetもrainyと同じ意味で使えます。


雨の降り方:

It’s spitting.(ポツポツ降っている)

It’s drizzling.(しょぼしょ降っている)

It’s pouring. /It’s pouring down. / It’s pouring down with rain. / It’s chucking it down.(どしゃ降り)


4. お天気の変化


いいお天気のままの状態:

If the weather holds up, we could go to the beach later.

If the weather stays like this, we could go to the beach later.

上記二つは同じ意味です。


寒さ・暑さなどが続く:

We had a cold/hot/wet spell.

We had a heat wave last month.


お天気・天候が変わる:

The weather turned cold yesterday.

It’s got a lot warmer.

It became quite warm this afternoon.


お天気が良くなる:

We’ll go as soon as the weather gets better.

get betterの代わりに使える単語:improve


We’ll go as soon as the rain lets up.(雨がless severeになる)

We’ll go as soon as the rain clears up. (雨がやむ)

We’ll go as soon as it’s stopped raining.(雨がやむ)


お天気が悪くなる:

The weather is getting worse.

We should go home before the weather closes in.

The bad weather seems to be setting in. (悪くなってそれが続きそう)


5. 風・霧


風が吹いている:

It’s breezy.

It’s windy.

It’s blustery.

It’s stormy.

上記は、風の強さが違います。最初のbreezyは優しい風・そよ風でだんだん強くなり、一番下のstormyがこの中では一番強い風です。


The wind is picking up.(= getting stronger)

The wind is dying down.(= getting weaker)


霧:

It was foggy this morning.

It was misty this morning.


視界が1km以下の範囲の場合はfog、それ以上先が見える場合はmistだそうですが、この違いを知っている人は少ないかもしれません(私はググりました)。


Patches of fog/mist(= small areas of fog/mist)

A blanket of fog is coming down.(霧がかかってきている)

The fog has lifted.(霧が晴れた)


hail(あられ、ひょう)、thunder(雷)など、お天気に関する表現は他にもありますし、天気予報用語もありますので、テレビなどのニュースの後の天気予報も意識して聞くと面白いと思います。



19 views

Recent Posts

See All

Tube Talk