Mooch around /muːtʃəˈraʊnd/

Updated: Apr 29, 2018


6月末から2週間ほど休暇をとっていたので、「どこかに行ったの?」と最近よく聞かれます。旅行などには行かず、ロンドンで、普段はなかなかゆっくり出来ない事を楽しんでいました。北斎のExhibisionに行ったり、お食事に出かけたり、ライブに行ったりと、目的をもって外出する事も楽しんだのですが、久しぶりに目的や計画もなくぶらぶらしてみて、いつも通る道でも新たな発見に感動したりして、急がなくてもいい日も必要だと実感しました。


そこで思い出した表現が 'mooch around'Longman Dictionary of Contemporary Englishでは ”to move around slowly without any purpose and doing very little" とあります。特に目的もなくぶらぶらするという感じを表すPhrasal verbでイギリス英語です。


普段そんな使わないような気がしていたのですが、意識していなかっただけなようで、この表現を思い出してから、すでに3回耳にしました。どういう時に使われたかと言うと・・・


1回目:

毎日午後7時頃我が家の庭にキツネがやって来ます。毎日鶏肉をあげているからなのですが、餌を目当てにしてやって来る時は、写真の様に「餌はまだ?」というような顔で私の方をずっと見ています。でも、餌が目当てではない時でも、時々遊びに来ているらしく、先日Steveが「今朝、庭にキツネが来てたよ」っぽい事を言ったあと、’He was just mooching around’ と付け加えました。


2回目:

ドラム・レッスンの後、ギター・レッスンを受けている友達とそこにあるカフェでお茶をしていたら、同じドラム・レッスンを受けているRichardさんが、入り口でウロウロしているので、「ギター・レッスンの人達とお茶してるんだけど、一緒にどう?」と誘うと、’Yeah, I was just mooching around, so...' という返事が返って来ました。


3回目:

土曜日の夕方、家の近くで近所の人にバッタリ会った時、「どっかに行ってきたの?」と聞くと、’I was mooching around in Soho' と言いました。


結構便利な表現かも・・・と思いましたが、アメリカ人に通じるのかなぁ?来週カナダ人と話す予定があるので、確認してみます。


Update: 昨日、ドラムの先生(カナダ人)にMooch aroundについて聞いてみました。カナダでは使わないそうです。この先生、イギリスには9年住んでいるので、イギリス独特の言い回しも使うようになってきたそうですが、Mooch aroundは使った事はないとの事でした。

© 2023 by Coach.Corp. Proudly created with Wix.com