Can, could, can't, couldn'tの発音とリスニング

発音

canとcouldはweak formがある単語ですので、会話内では、何かの理由で強調したい場合か、文章の最後にくる時以外はweak formで発音します。

 

can't と couldn't は、否定を表す単語は強く発音するのが一般的なので強く発音します。

 

また、辞書に載っているReceived Pronunciation(RP)で発音しているイギリス人と、そうでないイギリス人とでは、can'tの発音が違います。以下を参考にして下さい。

can      /kən/ (weak form)

           /kæn/ (strong form)

can't    /kɑːnt/ (RP)

           /kænt/ (RPで発音していないイギリス人、アメリカ英語)

couldn'tは、RPかどうかや、イギリス英語・アメリカ英語に関係なく/kʊdnt/と発音します。

以下のリスニングのセクションにある、強弱やリズムも参考にして練習し、マスターしていって下さい。

リスニング(聞き取り)

 

リスニングで、can なのかcan’tなのかが聞き取りにくいという声もよく耳にしますが、上記のように母音の違いが聞き取りにくい場合、強弱やリズムの違いもヒントになります。

 

I can do that.   ooOo

I can’t do that. oOOo

 

couldとcouldn’tは音節の数も違います。

 

I could do that.     ooOo

I couldn’t do that. oOoOo

 

また、自分で発音する時も、weak form, strong form, リズム、音節の数の違いを意識して発音練習をすることで、耳にした時にも違いがわかりやすくなってきます。

 

Can, couldを沢山使った会話文と、日本ではあまりお馴染みではないかもしれないcan, couldの意味のページも是非参考にして下さい。

© 2023 by Coach.Corp. Proudly created with Wix.com