リズムを感じる

Updated: Mar 7, 2019

Captain SKA - Liar Liar GE2017

英語と日本語で一番違うのは、リズムだと言う専門家は多いようです。私の生徒さん達も、強弱を意識して発音し、リズムをつかむ事で文章が発音しやすくなったと実感する方も多いので、ここで是非リズムを感じてみて下さい。

 

この曲は、Theresa Mayのスピーチから始まり、'She's a liar, liar’ という歌詞が続きます。’She's a liar.'という文章は、4音節で3音節目にストレスがありますので、同じ音節とストレス・パターンの文章やフレーズものは歌詞を変えて歌え、リズムの練習になるのではと思い、いくつか同じパターンのものを考えてみました。


 

例えば:

I'm a woman, woman - I can see you, see you

 

I'm in London, London - Can you see me, see me?

 

They're nicer, nicer - He can taste it, taste it

 

Are they happy, happy? - Can they smell it, smell it

 

You can do it, do it - We've been waiting, waiting

 

Could you do it, do it? - She's been sleeping, sleeping

 

​Is it Peter, Peter? - They'd've done it, done it

 

Is it bedtime, bedtime? - I'd've seen it, seen it

 

to the station, station - for the moment, moment

 

to be better, better - for your children, children

 

in the water, water - but I want to, want to

 

in my bedroom, bedroom - but it's ugly, ugly

 

などなど、上記以外でも、色々試してみても面白いと思います。是非やってみて下さい。

余談:リズムには関係ありませんが、57秒くらいで ’porky pies' という歌詞があり、ビデオにもポークパイが出てきます。これはRhyming slangで嘘という意味です(liepieが韻を踏んでいるので)。
69 views

Recent Posts

See All