© 2023 by Coach.Corp. Proudly created with Wix.com

レッスン内容

 

Stage 1 

Stage 2

Stage 3

Face to faceレッスンは現在1回1時間30分、スカイプは50分です。8月からはface to Faceレッスンも1回50分となりますが、1日2回までご予約頂けますので、2コマ連続でご予約頂くことで100分レッスンも可能です。

 

レッスンはStage 1からStage 3まであり、Stage 1ではほぼ毎回宿題が出ます。

 

Stage 1:まずは一通り

 

発音やイントネーションについて一通り勉強します。英語力には関係なく、みなさんここから始めますが、ご希望により進み方や必用なレッスン回数が違います。

 

  • リスニング強化レッスン

会話内の全ての単語を聞き取る事を目指します。

 

  • 発音強化レッスン:

発音のみのレッスンです。発音に約立てる為にリスニングも行います。

 

  • コミュニケーション強化レッスン

リスニング・発音強化の両方をカバーするだけでなく、ご希望に合わせて意味の理解に役立つ文法や表現などもカバーします。また、英語がスラスラ口から出るように練習するなど、総合的にコミュニケーション力をあげていくことを目指します。

レッスンの進み方は個人差や生徒さんのご希望によって違いますが、下記のStage 1の内容を終了するのに必要なレッスン回数の目安は以下のとおりです:

 

リスニング強化:                   1時間30分レッスン4〜5回、50分レッス8〜10回

発音強化:                        1時間30分レッスン6〜7回、50分レッスン10〜15回

コミュニケーション強化:        1時間30分レッスン8〜9回、50分レッスン16回〜20回

 

「1時間30分レッスンを4回で終わらせたい」などのご希望がございましたらご相談

下さい。

 

レッスン開始後にレッスンの種類を変更して頂く事も可能です。

例えば、発音強化レッスンをご希望頂いた場合でも、途中でコニュニケーション強化やリスニング強化に変更出来ます。

 

Stage 1の内容は以下の4つにわかれます:

 

1:英語の一つ一つの音

(リスニング強化レッスンに限り、リスニングに関係ある音のみをカバーします。)

  • 発音記号:各記号の音を学びます

  • schwa:英語で一番よく使われる母音であるschwaと、Weak formについて

  • リズム:Schwaを使う事により文章に強弱をつけ、英語のリズムにチャレンジ

 

2:単語の発音、シラブル、ストレス

  • 単語の発音:Lesson 1で勉強した音がどの単語で使われているかを確認します

  • シラブル: シラブル(音節)を意識。単語をキチンと発音・認識する事に役立ちます

  • ストレス: 単語のストレスの位置の確認

 

3:文章の発音・聞き取り(Connected speech)

  • Contraction:    省略形(I’d’veなど)

  • Linking;            音がつながる(an appleが‘アナップル’など)          

  • Elision:              音が消える(I don’t know. の‘t’を発音しないなど)

  • Intrusion :        音が加わる(to eat が‘tweet’ に近くなるなど)

  • Assimilation:   音が変わる(And you? が‘アンジュ?’など)

これら理解し意識する事でよりナチュラルな英語での会話をマスターできます

 

4:イントネーション

  • イギリス英語のイントネーションの基礎

  • イントネーションの変化による意味の違いの基礎             top

 

  

Stage 2:さらに詳しく

 

● リスニング強化をご希望の場合

Stage 1でカバーした 知識を使っての聞き取りプラス、単語は聞き取れているのに意味がぼんやりとしかつかめなかったり、間違えて理解してしまう事をふせぐ為のレッスンを行います。

 

例えば、全く同じ文章でもイントネーションによって全く逆の意味になる場合もある

ため、Stage 1でカバーしたイントネーションの知識を使い意味の聞き分けを行います。

                         

また、知っている単語を聞いた瞬間わかった気分になって意味を確実に理解していない場合、また、文章全体を聞き取って全体の意味を理解しようとし、微妙に意味を取り違えてしまう場合などを防ぐため、文章を前から確実に理解していく練習をします。

 

この他、数字の聞き取りなども行います。

 ● 発音強化をご希望の場合

 

Stage 1でカバーしなかったテキストの内容(Compound nouns、Stress shift、Consonant clusters、数字の発音方法など)を勉強・練習していきます。

 

● コミュニケーション強化をご希望の場合

Stage 1の応用。苦手エリアの強化、ネイティヴ・スピーカーがよく使うPhrasal Verbsが入った会話分や自然なスピードで発音されたレコーディングを使い、リスニング・発音をさらにプラッシュアップします。                                                  

                                                                                                        top

 

  

Stage 3:ご希望にあわせて

 

生徒さんのご希望を参考にレッスンをご用意いたします。

 

よくあるご希望の例:

 

  • 会話文や本などの文章を読む練習をしながらの発音強化

 

  • Weak forms

             

  • Connected Speech

 

  • イントネーション

 

  • リスニング強化 

 

  • Phrasal verbs

 

  • Shadow Reading

 

  • Audiobooks

 

  • 発音を会話に活かす練習

 

  • 会話内で使える文法など(時制、助動詞、仮定法、前置詞など)

 

  • プレゼンテイション・インタビューの練習

 

上記のいくつかを組み合わせたレッスンをご希望なさる方がほとんどです。          

                                                                                                       top